ホットプレートのお手入れ

ホットプレートの焦げ付きを自分でお手入れしよう

大変なホットプレートのお手入れ方法を知ってみよう

ホットプレートの定義

ところで、皆様はホットプレートとはどんなものなのかご存知でしょうか。

一般的なものと言えば、浅くて平らなプレートを利用しています。
なにが作れるのかと言いますと、焼きそばや野菜炒めのようないわゆる焼き物がメインになっていますね。
形状自体は、角形や丸形のようなものもどんどん増えていっていますが、やはり面積が広くて大きいものが最も重宝されています。

ちなみに、ホットプレートと言えば家族や大人数のときに利用するものだというイメージがあるでしょう。
確かにそれも間違ってはいないのですが、今ではコンパクトサイズのホットプレートも出回って来たので、少人数やおひとりでちょっとした料理を作るというのも可能になっていきました。

グリル鍋との違い

一言でホットプレートと言いますが、よく間違えられるものも実は存在しています。
それは、グリル鍋というものです。

確かに大まかな作りはよく似ているかもしれませんが、その形状や目的が違っています。
例えば、ホットプレートは平らなものがほとんどですが、グリル鍋の場合は深さがあり丸いものがそうなります。
その形状から、焼き物ではなくおでんやお鍋といった煮るものを作るのがメインになります。

グリル鍋もコンパクトや大型までありますので、人数や料理にあったものを選んでみるといいでしょう。
ものによっては揚げ物や蒸し物も出来たりするなど結構使い勝手はいいので、一家に一台あればまずは困らないでしょう。
もしホットプレートに慣れてきたら、今度はこっちも考えてみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る